効果を実感!黒酢にんにくサプリおすすめガイド
黒酢にんにくサプリメントのさまざまな効果を徹底調査

スコルジニン

こちらのページでは、おもににんにくに含まれている主要成分・スコルジニンについてくわしく解説していきたいと思います。

にんにくに含まれる栄養素スコルジニンとは?

スコルジニンとよばれる成分がにんにくに含まれていることがわかったのは1936年で、日本の科学者によって発見、命名されました

にんにくには、アリシンとよばれるアリル化合物が含まれています。この成分は胃に作用して消化を助けたり、食欲の増進、生活習慣病の予防などの効果・効能があります。スコルジニンとは、このアリシンが加熱されることによって変化した有効成分で、毛細血管を拡張したり、新陳代謝を活性化させたりする効果があるといわれています。

スコルジニンが効果を発揮する症状や病気

近年では、にんにくなどからスコルジニンを抽出してサプリメントとして活用されるようになりました。この項目では、スコルジニンに予防の効果があるといわれている病気や症状などを紹介していきたいと思います。

◆疲労回復・滋養強壮・食欲増進など
ある研究では、スコルジニンを与えたねずみと与えなかったねずみを水に入れてみると、与えたねずみは約4倍の時間泳ぎ続けたとされています。また、別の実験でも、スコルジニンを食べたねずみは目覚ましい成長発育をみせたこともわかっているようです。

それではなぜそのような研究結果になったのでしょうか? 理由はスコルジニンがもっている「酸化還元作用」にあるといわれています。例えば、食品はたんぱく質や脂質などの物質が含まれていますが、これが酸化することで食品の劣化が始まります。酸化還元作用とは、この酸化現象を防いで鮮度などを保つことができるはたらきのことです。このはたらきによってスコルジニンは、心臓の筋肉に作用して拍動を強くしたり、末梢血管を拡張させたり、細胞組織内に蓄積している老廃物や毒素を分解。身体の外に排出するなどのはたらきをもっているのです。

また、スコルジニンをビタミンB1と併用することで、腸内破壊を防止することができ、血液の中にスコルジニンが留まる時間を長くすることができます。結果、ホルモン系統が刺激されて滋養強壮などの強化につながることもあります

黒須家(守・けい子)

黒須家

20代後半の夫婦。
ダイエット目的で黒酢にんにくを摂り始めたけい子が、働き盛りで疲れ気味の守にもサプリを勧めた。夫婦そろって様々な栄養効果を実感中。

仁荷久家(三郎・よしえ)

仁荷久家

50代中ごろの夫婦(けい子の両親)。大黒柱の三郎は油ものやお酒が大好物。健康診断の結果を見かねた妻・よしえと一緒に、黒酢にんにくで体質改善の真っ最中。